しろねぎ.com

しろねぎ料理は全く出てこない、なくても困らないけどあったら嬉しい薬味のような美味しい記事を書いてます。たぶん

テレビ 音楽

今でしょ講座より面白い!?クラシック音楽講座part3

投稿日:2014年9月4日 更新日:

今日は「楽聖」ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェンの話をします。
個人的には”ルートヴィッひ”より”あけひ”の方が気になっています今日この頃です。
来週木曜日21時から最終話放送です。
あけひ
TBSドラマ「同窓生」より引用  

ベートーヴェンは父との共依存症!?

当時はそのような認識をされていませんので偏った解釈ですが、飲んだくれの父の英才教育(というより押し付け、今なら子役を強要する母親でしょうか)
一時は嫌いになった音楽を、「俺の音楽は芸術だ!」と、ほぼ一人で宮廷音楽から大衆文化を形成していった
(言っても既に半世紀以上前にヘンデルがイギリスで、大衆文化や交響曲ついでにオペラまで確立させていますが、ウィーンからヨーロッパ全域、後世の音楽家にに広く影響を与えたことによりベートーヴェンの名が知れ渡っていると考えます)
バイタリティは、最愛の母を早くに亡くし、17歳から生活の義務を負うはめになった、仕事をしない飲んだくれ父への反抗心(共依存)のように思います。
ユニークな顔の親子
出典:cdn.crushable.com こちらの場合は母親

師匠ハイドンに引導を渡す

ていうかハイドンって微妙ですよね。地味だし、あまり聞かない。
ベートーヴェンより40年くらい早く生まれ既に活躍していたので、20代前半に弟子入りするのですが、忙しがってる師匠の元をベートーヴェンは自ら早々に立ち去りました。
・・・なんていうか、ハイドンって微妙ですよね。地味だし、曲もいっぱいあるけど似たり寄ったり。「びっくり交響曲」なんて、寝てる観客を起こす為に作ったとか、いかに音楽がつまらないか自分で言ってるよう。

まあなんていうか、若いベートーヴェンも一時はその流行りに興味を示したのでしょう。ハイドンがベートーヴェンを構ってあげなかったことは、ベートーヴェンにとってはラッキーでした。
だってハイドンって・・・。

ベートーヴェンは独身貴族?

名曲”エリーゼのために”で有名なテレーゼ(本当はテレーゼのためにだったが字が汚くて間違えられたらしい)を筆頭に、生涯独身ながら何人もの女性と関係を持ちました。でも根が真面目な正確なので、同時に複数の人とか浮気とかはなかったらしいです。・・・なさそうに思います。
だって哲学に凝ってたり、すげー頑固そうなんだもん
そういうのなさそう。

続く

アドセンス広告

アドセンス広告

-テレビ, 音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

webサイト制作に於ける4つの手順

このサイトを公開してからもうすぐ半年になります。普段はwebディレクターとして、web業界には従事していますが、制作にしか携わっていないため運営にかかる面倒(楽しみ)については最近ようやく分かってくる …

狩野英孝イメージ

映画監督狩野英孝から垣間見る経営者としてのカリスマ性

先週7月15日放送のロンドンハーツ人気企画で、今回のドッキリでは映画監督のオファーが入るというもの。webではなかなか評判のようですが、ロンブー淳のしたり解説の入っていない完全版が、こちらから現在無料 …

コンクール情報ポータルサイトを公開しました

まだまだ内容は少ないですし、未完成の箇所も多いのですが、基盤になる部分は出来たのでとりあえず公開することにしました。 拡散いただくには心許ないですが、ご意見等いただけますと励みになります。 ということ …

好きを仕事にするということ

昨日のドラフト会議、ご覧になりましたでしょうか。僕はあまり興味がないのでリアルタイムで拝見しておりませんが、今朝のニュース「あさチャン!」で取り上げられた室蘭シャークスの瀬川投手の話を聞いていて、ふと …

no image

突発性難聴経験者は語る

~kinkiの堂本剛さんの回復を願って~ 突発性難聴(以下「突発」)の何がつらいって、その症状がどんなにつらくても他人には伝わらないところ。さらにはほかの体は健康なので、安静にしなければいけないのはも …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

281人の購読者に加わりましょう